星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3D-COATを使ったテクスチャ作り

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

Clone Stamp Tool

3D Coatによるクローンスタンプツールについて解説されています。 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3D Scan Cleanup Pt.1

 

3D Scan Cleanup Pt.2

 

3D Scan Cleanup Pt.3

 

 フォトグラメトリなどで3D化されたモデルデータを3D Coatを使用してクリーンアプする方法について説明されえいます。

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

耳を塞ぐことのない骨伝導 ヘッドホン

数年前から気になってはいたのですが、自宅での会議も増えたこともあり思い切って導入してみました。

 

2ヶ月ほど使用してみての率直な感想

  • 中低音域によって耳元の振動がくすぐったく感じます(主に低めの人の声、相手側の声を披露マイクにも問題がありそうです)
  • フレームの形状が合わないと、長時間かけている際に頭との接点部分が徐々に痛くなってきます。
  • マイクの音質は良質ではありませんが、会議相手に聞こえづらいなどといった事は無く全く問題ありません。
  • バッテリーは驚くほど持ちます。
  • スマートフォンとの接続では問題ありませんが、デスクトップパソコンとの接続では音量のコントロールボタンが効きません(何か設定があるのかな・・・)
  • それほど音質が悪いと言うこともなく、普通に音楽が聞けます。
    構造上、低音域を聞くには弱いですが、装着した上で耳栓などをすると、それなりの低音を得ることは出来ます。

 

今では会議には欠かせない存在ですね。

キャンプに行った際にも音楽を聞きながら、自然の音も聞きながら、周りの人にも迷惑をかけないのはとても良いです!

突然仕事の電話が入っても、マイクに指向性があるのでキャンプ場の音をほとんど拾わないのも嬉しいところです。

 

マニュアルにも書いてあるが、基本的な操作方法を覚書

操作ボタンは3つ

  • 音量+
  • 音量-
  • マルチファンクションボタン

 

+ボタンと、-ボタンの機能

  • 電源ON:音量+ボタンを2秒長押し 「アフターショックスへ、ようこそ」
  • 電源OFF:音量+ボタンを3秒長押し「終了します」
  • ミュート:通話時に音量+ボタンと音量-ボタンを同時に2秒間長押し 「ミュートしました」 「ミュートを解除しました」
  • イコライザ切り替え 音楽再生時に音量+ボタンと音量-ボタンを同時に3秒間長押し、高温重視と通常の2タイプ? 「イコライザを変更しました」
  • バッテリー 残量チェック:音楽停止時に音量ボタン(+/-)のいずれかを 1回押し 「充電されています/ およそ半分です/ 残りわずかです/ 充電してください」
  • 音量調整:通話中または音楽の再生時に音量+ または音量-ボタンを一回押し ビープ音1回

 

マルチファンクションの機能

  • 音楽再生/一時停止:1回押し ビープ音1回
  • 次の曲にスキップ:音楽再生中に2回押し ビープ音1回
  • 前の曲にスキップ:音楽再生中に3回押し ビープ音1回
  • 電話に出る:着信時に1回押し ビープ音2回
  • 電話を切る:通話中に1回押し ビープ音1回
  • 現在の通話を切って、 二つ目の着信に出る:通話時に2秒間長押し ビープ音1回
  • 通話を拒否する:着信時に2秒間長押し ビープ音1回
  • 音声アシスタントを有効 にする:音楽停止時に2秒間長押し 音声案内なし
  • 最後に発信した番号へ リダイヤルする:音楽停止時に2回押し 「リダイヤルします」

 

通常のペアリング

  • 電源がOFFの状態から、電源ボタン(+ボタン)を5秒間長押し
    赤色と青色のLEDが交互に点滅し、ペアリングモードに入ります。
    この間に、接続したいデバイスのBluetooth設定より「OpenComm by AfterShokz」を選択します「接続しました」
     

マルチポイント接続

2台のデバイスを同時接続するマルチポイント接続

OpenCommを二つの端末にペアリング可能で、スムーズに端末の切り替えが行える機能

  1. 電源OFFの状態から、通常のペアリングモードにします。音量+ボタンを5秒長押し「ペアリングモードです」 と音声ガイダンスが流れ、ペアリングモードに移行します。LEDが青と赤に点滅する
  2. マルチファンクションボタンと音量+ボタンを3秒間長押しします。「マルチポイント接続を開始します」と音声ガイダンスが流れます。
  3. 1台目の端末のBluetooth設定から、 「OpenComm by AfterShokz 」を選択しペアリングします。接続が完了すると 「接続しました 」と音声ガイダンスを行います。
  4. 1台目が接続できたら、OpenCommの電源をオフにします。
  5. 再度ペアリングモードに入ります。音声+ボタンを5秒長押しし「ペアリングモードです」 と音声ガイダンスがあり、LEDが青と赤に点滅します。
  6. 2台目の端末のBluetooth設定から、「OpenComm by AfterShokz 」を選択しペアリングします。 完了すると 「接続しました 」と音声ガイダンスを行います。
  7. またOpenCommの電源をオフにします。

これでマルチポイント接続の設定は完了です。次回からOpenCommの電源をオンにすると、どちらの端末にも接続した状態となります。

マルチポイント接続をオフにするには、ペアリングモードに移行後、マルチファンクションボタンと 音量-ボタンを3秒間長押しします。音声ガイダンスが「マルチポイント接続を終了します」と通知します。

 

工場出荷段階の設定にリセット

  1. OpenCommの電源をオフにします。
  2. OpenCommをペアリングモードに設定します。
  3. マルチファンクションボタン、音量+、音量-、この3っつのボタンを同時に3秒間押し続けます。
    通知音が聞こえ、振動を感じます。 OpenCommの電源を切ります。

 

 

 

Aftershokz OPENCOMM製品ページ
https://aftershokz.jp/products/bone-conduction-headphone-opencomm

Aftershokz OPENCOMM マニュアルPDF
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0271/5389/1376/files/OpenComm-User_guide_0202.pdf?v=1612314913

その他のAftershokz製品のマニュアルPDF
https://aftershokz.jp/pages/support

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 1 / 5

星を有効星を無効星を無効星を無効星を無効

3ds MaxからBlenderにファイル変換できるプラグイン [ MaxToBlender ]ですが、最近変換後に、こんなエラーが出るようになってしましました・・・

「セキュリティの観点から、このファイルのPythonスクリプトの自動実行を禁止しました」

現在の状況下では、「実行可能にする」「無視」いずれを選んでも特に不具合らしいものは出ていないのですが。

気持ち悪いです・・・

どなたかご存知では無いでしょうか?

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

Fixing "holes" in surface mode in 3d-Coat

3D-Coatを用いた、サーフェイル面に空いた「穴埋め」と「凹み」の修正についての動画

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3ds Maxで割り当てられたマテリアルを外しオブジェクトカラーで管理したい場合などに使えるスクリプト

スクリプトリスナーかスクリプトミニリスナーに書きを入力し実行するだけ。

$.material = undefined

これでマテリアルが強制的に外されます。

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

How to fix seams in Substance Painter

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

起動時やスリープ時に表示されるロック画面ですが、作業をする上では基本的に不要な機能です。

自宅やオフィスのパソコンなど持ち歩く事がなければ、機能自体をOFFにしてしまったほうが効率的な場合も多々ありますね。

という事で、この画面の消し方。

 

  1. キーボードの [windows] + [ R ] キーを押し「ファイル名を指定して実行」画面を呼び出します。
    filename


  2. ここに gpedit.msc と入力しOKを押します。

  3. すると「ローカルグループポリシーエディター」が表示されますので
    local
    「コンピューターの構成」
     ↓
    「管理用テンプレート」
     ↓
    「コントロールパネル」
     ↓
    「個人設定」
    とタブを開きます。
    すると右側のパネルに「ロック画面を表示しない」の項目がありますので、これをダブルクリック

  4. 「ロック画面を表示しない」のウィンドウが開かれますので、「有効」のチェックを入れOKを押します。

以上で設定は完了となります。
 

 

 

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

  ポリゴン編集モード
1 ※テンキーではない、下記も同様  頂点モード
2 エッジモード
3 縁取りモード
4 ポリゴンモード
5 要素モード
   

 

 

 

ビューポート
0 ※テンキーではない、下記も同様 テクスチャのレンダリング
7 ビューポートに統計を表示
8 環境設定
   
C カメラを選択
Z 選択したオブジェクトにズーム

 

 

 

 

 

 

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

さあ仕事!

と3ds Max 2021を起動しようとすると「クロック エラー」という上記のようなアラート画面が現れMaxが起動しない!

こんな画面は初めて見る。

 

「再試行」を押してもダメ。

右下に「ライセンスの種類を変更」というリンクがあるが、そもそもあと3年ライセンスの契約で、あと2年以上はライセンスが残っているわけで、契約の問題ではないはず。

クロック エラーとのことなので、Windowsの日付と時間を確認するがネットワークからの自動設定なので問題ないはずで、時間もズレているようにも見えない。

とはいえこのままでは仕事ができないので、WIndowsの設定画面より「日付と時間」を開き、「時間を同期する」の項目より「今すぐ同期」を押す。

設定完了するが、特に時間がズレていた気配はない・・・

 

試しに、3ds Maxを起動してみる。

すんなりと起動できた・・・

 

一体何だったんだ!?

コンマ秒単位でズレてるとダメなのかな~

 

Autodeskではこの様な記事がでていますね。

オートデスク ソフトウェアのインストール時に「接続エラー: このエラーは、システム クロックの時刻が不正確な場合、または一時的にシステムが利用できなくなった場合に発生することがあります」と表示される
https://knowledge.autodesk.com/ja/search-result/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/Connection-Error-This-error-can-be-caused-by-an-inaccurate-time-on-the-system-clock-or-by-temporary-system-unavailability.html

参照:Autodesk

 


 追記

2021..02.03

その後も、このエラーが頻繁に出ています・・・

上記手順を行えば、一時的には解消できるのですが、それではとても面倒ですし、そもそも時間がズレた状態でのファイルが増産されていくことになりますので、根本的に解決したいところ。

試してみたのがシステムが参照している大本のインターネット時刻の設定を変更です。

まず、システムの設定から「日付と時刻」を選びます。

その後の手順は下記のとおり

  1. 別のタイムゾーンの時計を追加する
  2. 「日付と時刻」のウインドウから「インターネット時刻」のタブを選択し、「設定の変更」を押す
  3. 開いた「インターネット時刻設定」のウィンドウからインターネット時刻サーバと同期するの項目を下記に書き換える。
    ntp.nict.jp
    初期状態では、time.windows.com となっているのですが私の環境では、このサーバーで「今すぐ同期」を押してもエラーとなります。
    ntp.nict.jp とすることで、問題なく更新されていますので、これで解決してくれれば良いのですが・・・

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern