この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

高速なSSDは映像製作の上でも高いパフォーマンスを発揮しますが、気になるのは寿命。

そんな映像製作者へ向けたSSDが、ソニーから2017年2月16日発表となりました。

960GBの「SV-G596」と480GBの「SV-G548」と2モデルを準備、発売は2017年5月を予定

 

特徴はSSDの寿命の目安の一つ総書き込み容量(TBW)が圧倒的に多いのだ!

一般ユーザー向けに販売されているMLCやTLCタイプのSSDで比較しても、1TBのモデルでTBW値が100~400

なんと、このSV-Gシリーズは960GBで2400TBW、480GBで1200TBWと今まで見たことのない値!

記録方式がSLCなのかMLCなのかTLCなのかが不明だが、 ざっくり計算してみると下記のようになる。

 

総書き込み容量

(最大)

一日書き込み容量

(仮定)

(寿命)

(寿命)

2400TBW(2400000GB) 25GB 96000 263.01年
  50GB 48000 131.50
  100GB 24000 65.75
  500GB 4800 13.15
  1TB 2400 6.57年
  5TB 480 1.31
       
400TBW (400000GB) 25GB 16000 43.83年
  50GB 8000 21.91年
  100GB 4000 10.95年
  500GB 800 2.19年
  1TB 400 1.09年
  5TB 80 0.21年
       
100TBW (100000GB) 25GB 4000 10.95年
  50BG 2000 5.47年
  100GB 1000 2.73年
  500GB 200 0.54年
  1TB 100 0.27年
  5GTB 20 0.05年

 

ものすごく雑な計算をしてみましたが

2400TBWの場合、
仮に1日100GB書き込む作業を365日続けても65.75年使える計算となる。

もっとザックリと表現するなら、週に5回線領域を書き換えたとしても約10年の使用が可能となる。

 

250GBくらいのSSDでは、良くても100TBW。
これだと1日100GB書き込む作業を365日続けると2.7年しか使えない。

 

まぁ普通の使い方であれば、ネットで調べる限りでは1日平均10GB~30GB辺りと言われているので、100TBWもあれば5年位は使えそうなので十分かもしれませんね。
(5年もしたら新しい機器が出てきて、そっちに乗り換えるでしょうし)

しかし映像製作となると、1ファイル数GBのファイルや、1枚数MBが数百枚のシーケンスファイルファイルなどを作って作って作りまくる!

ソフトウェアのキャッシュも数秒分の作業をするだけで100GB位あっという間。

場合によっては一日に1TB以上データを書き換えるなんてことも普通にあること。

こんなペースでは、1年に1回交換しないといつデータが消えてしまうかと不安になってしまいます。

 

私はCGによる映像製作を行っているのですが、3Dソフトでレンダリングして、編集ソフトで何度も調整して、作業過程で各ソフトがキャッシングを行い、バックアップを保存して、書き出しをして、やり直して、なんて考えると100TBWくらいだと何年も、いや1年ももたないのでは?と感じてしまうのです。

現状、作業用のドライブはHDDでRAIDを組んでディスクの高速化を図っていますが、速度は到底SSDには敵いません。

ハードディスクを4台以上使用しRAIDを組めばそこそこの速度は出てくれますが、電力もそれなりにかかってきますので自宅で作業をしている身としてはこの辺りも気になる要素の一つです。

まぁ容量については圧倒的にHDDが優勢ですが・・・

 

またこのSSDは、独自のガベージコレクション機能によって、書き込み速度が急激に低下することを防ぐことができ、長時間安定した高速記録性能を維持してくれるという特徴もあります。

更にこちらも独自の技術で、データの書き込み中の予期しない電源障害でもデータの破損を低減してくれるようです。

ハード面では、映像記録の際に繰り返し挿抜運用を想定し、SATA企画の6倍にあたる3,000回の挿抜試験をクリアする高耐久コネクターを採用している点も安心の要素です。

 

今回発表された [Sony SV-Gシリーズ] はそんな映像製作者の為に作られたSONYらしい製品です。

圧倒的な耐久性と普通のSSDと同等な速度、ランダム読み込み/書き込みの値は発表されていないのが気になりますが、まぁ普通の速度は出てくれるでしょう。

 

5月の発売が楽しみです!

 

参考資料:耐久性重視で候補に挙げたSSD
型番 official メーカー 容量 NAND TBW 保証 
SV-GS96 web sony 960GB ? 2400 10年
SV-GS48 web sony 480GB ? 1200 10年
CSSD-N960GBXTI web corsair 960GB MLC 640 5年
WDS100T1B0A web Western Digital 1TB TLC 400 3年
WDS500G1B0A web Western Digital 500GB TLC 200 3年
WDS250G1B0A web Western Digital 250GB TLC 100 3年
850 EVO MZ-75E1T0B/IT web Samsung 1TB V-NAND 150 5年
850 PRO MZ-7KE1T0B/IT web Samsung  1TB V-NAND 300 10年
CT1000MX200SSD1 Crucial 1TB MLC 320 3年
CT1050MX300SSD1 web Crucial 1TB TLC 320 3年
2017.4

他にお勧めがありましたら教えてください!

 

転送速度:シーケンシャル読込550MB/sec、書込500MB/sec
外形寸法:W100×L69.85×H9.5mm
対応OS:Windows 10/8.1/7
            Mac OS X 10.9以降

 

ソニープレスリリース
映像制作機材向けに2.5インチSSD「SV-Gシリーズ」発売
~独自技術により、運用コスト削減と4K収録に必要な安定した高速記録を実現~
https://www.sony.jp/professional/News/info/pb20170216.html


追記:

2017.5.15 ソニーより正式に発売のアナウンスがありました。

2017.6.12 導入しました! 映像製作者の為のSSD [Sony SV-Gシリーズ]

 

 

0
0
0
s2smodern