この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

作業用として使用しているマシンはHP z420とHP z620(合計7台)

だが、Windows10にアップグレードを行ったところ、電源OFF状態からのWake On LANが使えなくなってしまった。

スリープ状態からのWake On LANは問題なく使用できているので電源レベルがS5が問題だろう。

ちなみに電源レベルS0~S5(スリーピング・ステート)についてメモ

S0 完全電源ON
S1 スリープ状態、CPU停止、CPUとRAMの電源がON、リフレッシュ動作中
S2 スリープ状態、CPU停止、電源OFF、RAMの電源はON、リフレッシュ動作中
S3

Sispemd to RAMのスタンバイ状態、RAM以外のほとんどが電源OFF

S4 Suspend to Diskのハイバネーション状態、メモリの内容はHDDに保存されている。 
S5 完全電源OFFだが、マザーボード経由でデバイス電源供給はされている

 

現状解決はしていないが、Wake On LANを行うにあたって段取りをまとめてみる。

大きく分け下記の設定を行う。

  • BIOSでの設定
  • Windows OSでの設定(起動させたいコントロールされる側)
  • Windows OSでの設定(起動させたいコントロールする側)

 

BIOSの設定
これについてはHPのカスタマーサポートでの情報に従ってみる。
「HP Z620 Workstation - S5 Wake On LAN を有効または無効にする」

  • 起動時にF10を押し、BIOSから起動
  • 「Advanced」から「Device Option」へ移動「S5 Wake On LAN」を「Enabled」に変更し、F10を押した後、保存してBIOSを終了

 

Windows OSでの設定(起動させたいコントロールされる側)
Wake On LANを使い、起動させたいWindows OS側にて「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワーク共有センター」と進み、ウィンドウ左側の「アダプターの設定の変更」を押す。
「ネットワーク接続」のウィンドウが開くので、イーサーネットケーブルが刺さっているネットワークデバイス(通常のコンピュータは1つだけ表示されている)を右クリックし「イーサーネットのプロパティ」ウィンドウを開く。
このウインドウ上部の「構成」を押しNicのプロパティを開く。
さらに「電源の管理」のタブを開き

  • 電源の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフに出来るようにする
  • このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする
  • Magic Packetでのみコンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする

の3点のチェックを入れる。
「Magic Packetでのみコンピュータの・・・」の項目は入れなくてもいいが、Pingのようなマジックパケット以外のネットワーク・パケットを受信した際にも復帰するので、意図したタイミング以外でも、マシンが起動してしまう可能性がある。

同ウインドウ(Nicのプロパティ)の「詳細設定」タブを開く
ここで下記に該当する項目を見つけONにする。

  • 「Wake on Magic Packet」
  • 「Wake on Settings」
  • 「Wake Up Capabilities」
  • 「Wake On 設定」
  • 「Wake-On-Lan機能」
  • 「ウェークアップ機能」
  • 「PME をオンにする」
  • ※他の名称の場合もあると思われる

搭載されているNicによって名称などが異なるため、とにかく探しONにしてみる。
(「ON」「有効」「オン」「Enable」「Magicpaket Only」「マジックパケットのみ」などを選択)

困ったことに、HP z620ではここに該当するものが見つからない。
搭載されているNicは[Intel 82579LM Gigabit Network Connection]と [Intel 82574L Gigabit Network Connection]の2つ
Windows7の時は、特に設定を変更せずデフォルトの状態でWake On LANは使用できたのだが・・・

 

Windows OSでの設定(起動させたいコントロールする側)
最後にWake On LANでコンピュータを起動する側のWindows OSの設定

私の使用しているマジックパケットを送るためのソフトは
「Wake On LAN for Windows」というまんまのソフト
ここで下記項目を登録しておく

  • 起動される側(ホスト)の名称:(コンピューター名)
  • IP アドレス:(基本的には固定にしておく必要あり)
  • ネットマスク:自動取得
  • Macアドレス:自動取得

あとは、起動させたいコンピュータを「Wake On LAN for Windows」にて選択し起動ボタンを押すだけ。

 

とりあえず、まとめ

  • BIOSは設定項目が少なく、何度か確認しているので問題ないと思われる。
  • コントロールする側の「Wake On LAN for Windows」の設定もWindows7での使用時と変更は無く、改めて入力もし直しているので問題ないと思われる。
  • コントロールされる側のNicプロパティーの設定・・・これが怪しい・・・

とりあえず、今日は疲れたので寝ることにします・・・

明日はNic辺りを入念に調べてみるとします。

 

0
0
0
s2smodern