この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

先日までAdobe Photoshop CC 2017を使用していたのですが、そろそろアップグレードしておくか!と思い立ちAdobe Photoshop 2019をインストールしたわけですが・・・

変形の際の「基準点」が表示されない訳ですよ!!

基準点ベースでの変形が染み付いているので、ものすごくイライラが!!

それでまあネット検索です。

直ぐに見つかり、Adobeのサイトで解説されていました。

デフォルトで変形モードに入ると、選択エリアに変形用のツールが表示されますが、基準点が出なくなっています。

そこで、上部のツールバーの左側にあるチェックボックスをONにします。

すると見慣れた基準点が表示されます。

基準点は、カーソルを合わせクリックしながら移動できます。

そして通常の変形同様にハンドルで変形させるのですが、そのままでは基準点が有効になりませんので、Windowsなら「Alt」Macなら「Option」を押しながらで有効になります。

初心者が「基準点ってなに?」ってならないように隠したのかもしれませんね。

他にもショートカットが変わっている部分も多く慣れるのには時間がかかりそうです・・・

 

 

Adobe 縦横比を固定したままレイヤーを拡大・縮小
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/transforming-objects.html

英語サイト:https://helpx.adobe.com/photoshop/using/transforming-objects.html

 

0
0
0
s2smodern