星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

 

noria901氏による解説が解りやすかったので覚書

STYLY:【フォトグラメトリ】3DF Zephyrを使ってモデルのメッシュを綺麗にする方法

https://styly.cc/ja/tips/3dfzephyr_processing/

 

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

コニカミノルタが「色」について解説をしているページ

色とは何なのか?

を学ぶにはとても良い教材でした。

 

 

楽しく学べる知恵袋色:色雑学
https://www.konicaminolta.jp/instruments/knowledge/color/index.html

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効


3ds max 2021 - Bake to Texture

 「xNormal」は、テクスチャマップ(法線マップやアンビエントオクルージョンなど)をベイク処理するための無料アプリ。

なかなか便利そうですね。

 

officialsite:
https://xnormal.net/

 

解説サイト:

xNormalの導入
https://qiita.com/housakusleeping/items/62b7805b1e07c87fe9cd

 

xNormal でノーマルマップ(など)をベイクする
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/24/150442

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

Googleのデータダウンロードに関して、特にGoogleフォトから大量のデータをまとめてダウンロードするのは手間がかかります。

500枚までであればGoogleフォトのサイトからの通常ダウンロードで問題ありませんが、それ以上となると、何度も繰り返すのは非常に手間がかかります。

そこで、Googleのアカウント設定から、日付やアルバムごとに指定し一括でダウンロードする方法を紹介します。

 

まず、下記のサイトへアクセスします。

Googleアカウント


 

データとカスタマイズ

→データのダウンロード、削除、プランの作成「データをダウンロード

 

と進むとGoogle データ エクスポートのページが開かれます。

 

このページより、Googleフォトも含め、ログイン中のアカウントのすべてのデータをエクスポートすることができますが、今回はGoogleフォトのダウンロードについて解説します。

 

「Google データ エクスポート」のページからダウンロードしたいサービスを選びます。

初期の段階では全てのサービスにチェックが付いていますので、「選択を全て解除」を押し、全てのチェックを外します。

 

次に、Google フォトの項目までページをスクロールし、チェックボックスを入れます。

すると「全てのフォトアルバムが含まれます」の項目が選べるようになりますので押します。

 

「Google フォトのコンテンツ オプション」というポップアップウィンドウが開きます。

こちらで、ダウンロードしたい日付、もしくはアルバムなどにチェックを入れ、ウィンドウ下の「OK」を押します。

「Google フォトのコンテンツ オプション」のウィンドウが閉じられます。

(多くのアルバムや日付が登録されていると、動きが遅く、表示までに時間がかかる場合があります)

 

画面を下にスクロールさせ「次のステップ」のボタンを押します。

(他にダウンロードすべきものがあれば、チェックを入れておきます)

 

 

「ファイル形式、エクスポート回数、エクスポート先の選択」に移動しますので、

ダウンロードする形式を選びます。

ファイルの形式は、汎用性の高い.zipで問題ありません。

サイズは、1GB~4GBくらいにしておくと良いでしょう。

 最後に「エクスポートを作成」のボタンを押します。

 

すると、Googleでデータがダウンロードできるようファイルを圧縮し、ダウンロードのリンクが作成されます。

(大容量のファイルの場合は、サーバ側で圧縮するのでリンク作成までに時間がかかります。リンクが作成されるとアカウントのGmailにメールが届きます。)

今回はGoogle フォトの例ですが、他のデータに関しても同様の流れでダウンロードすることができます。

 

それにしても、Goolgeのダウンロードに関しては、非常に使い勝手が悪いですね・・・

なぜファイルをまとめてダウンロードするのに、サーバ側で一度圧縮するのか・・・

大容量になればなるほど、ロスする時間が大きくなるのは困りものです。

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

シリコンスタジオ株式会社 ミドルウェア開発部 リード・ソフトウェアエンジニア 川瀬 正樹

実践的なHDR出力対応 ~レンダリングパイプラインの構築~

公開されているpdfファイルのリンクです。
https://www.siliconstudio.co.jp/rd/presentations/files/CEDEC_KYUSHU2017/cedec_kyushu_2017_hdr_kawase.pdf

 


(出典:実践的なHDR出力対応 ~レンダリングパイプラインの構築~

 

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ある事情で、特定のモデルに対してのラッピング(ブレンドシェイプ)してくれるソフトを探していた時にヒットしたソフト「R3DS Wrap3」

今回の用途には合わなかったが、何かしら使う機会もありそうなので覚書。

Wrap3 is Released from Neo307 on Vimeo.

 

他にもZBrush用の「ZWRAP」

ZWrap Plugin for ZBrush from Neo307 on Vimeo.

 

複数の表情を持つ3Dスキャンモデルに対して、一貫したトロボジを持つ一連のメッシュを出力生成する「R3DS Wrap4D」などがあります。

R3DS Wrap4D is Released from Neo307 on Vimeo.

 

Russian3DScan official site:
https://www.russian3dscanner.com/ 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ACESについて調べていたらこんな物を発見。

色を計測するセンサーとスマートフォン用のアプリにより正確な色の数値を出すことができるNix Color Sensor。

 

Nix MiniとNix Proの2種類があるけど、当然Proのほうが機能は多い。

何よりNix ProはACESに対応している。

 

Nix Mini

Nix Pro

$99

$349

Paint match, sRGB, HEX, CIELAB, CMYK, LCH, LRV, Hue  Paint & Vinyl match, sRGB, CIELAB, CMYK, HEX, LCH(ab), XYZ, ACES, ACEScg, Linear sRGB, Custom Output
参照:Nix Sensor Ltd. https://www.nixsensor.com/compare-nixes/
メーカーサイトでより詳細な比較表が公開されています。
https://www.nixsensor.com/compare-nixes/

 

 

Nix Mini

shop img amazon

Nix Pro

shop img amazon

   

 

 

Nix Sensor Ltd.
official site:https://www.nixsensor.com/

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 
Maya Tutorial: Lighting for VFX Part 1 - HDRI Setup & Balance

 


Maya Tutorial: Lighting for VFX Part 2 - Adding Lights to your Shot

 


Maya & Nuke Tutorial: Lighting for VFX Part 3 - Separating CG lights for Compositing

 


Maya & Nuke Tutorial: Basic VFX Render Layers for Light Controls in Compositing with Time Stamps

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


Unity and Unreal : Blender Classroom Lighting Demo

 


Unity vs Unreal : Graphics Comparison 2019 (HDRP DEMO)

 

UnityもUnrealも興味がありつつ手が出せていない。

明確にこれを作りたい!というのが無いのでなおさら悩むところだが、正直どちらをチョイスするべきなのか?

何かしらの判断材料になりそうな比較動画。

と思ったが、それぞれに良いところともあるよね・・・

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ネット・テレビ・新聞など媒体別広告費の推移 【1992~2019年】
【電通・日本の広告費】【インターネット 地上波テレビ 新聞 雑誌 ラジオ】 

https://twitter.com/michsuzu/status/1237729882655707137

@michsuzuさんによる「日本の広告費」を視覚化したムービーがアップされています。

最終的に3位に「展示・映像ほか」が上昇しているのが興味深いですね。

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効


Comparing SVP interpolation with AI solutions in anime.

 

DAIN (Depth-Aware Video Frame Interpolation) というAIアルゴリズムを利用したフレーム補間ソフト「Dain-App [Alpha 0.1]」が公開されています。

計算にはNVIDIAのCUDA対応GPUが必要となりますが、ソースによってはなかなか良い結果が得られそうな補完ソフトです。

Add a comment

0
0
0
s2smodern