この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

長い間、出来ないかな~と思っていただけで何故か調べもせずに放置していた疑問が、今日、解けました!!

やはり出来たんですね!

ほんと何で調べなかったんだろう・・・

 

友人の作業環境の話を聞いているときに、「えっ!なんでAfter effectsで同時に2つのプロジェクト開けてるの?」という事になり。

詳細を聞いてみたら、ちょっと手を加えると同時に2個3個と起動できると言うじゃないですか!!?

 

半信半疑で、設定方法を聞きました。

手順は至って観覧。

 

  1. タスクバーにAfter effectsを登録

  2. 登録されたAfter effectsのショートカットアイコンを右クリックし、更にAfter effectsの項目を右クリック、メニューから [ プロパティ ] を選びます。

  3.  

    表示された[ プロパティ・ウィンドウ ] のリンク先のアドレス欄に
     -m
    (スペース、マイナス、小文字のエム)と追記します。
    そして [ 適用 ]を押し [ OK ]を押しウインドウを閉じます。

  4. 以上!!

と、たったこれだけ!

 

これでAfter effectsが何個でも(最大値は不明)立ち上げられ、違うプロジェクトを同時に管理することが出来ます。

はぁ~、コレですよ。コレがやりたかったんです!!!

聞けば、「あっ、昔からある機能ですよ」とのこと・・・

そうでしたか・・・調べなかった私が悪かったです。

 

何にしても、便利な機能です。

ただAfter effectsはただでさえメモリを大量に消費するソフト、2個立ち上げればメモリもキャッシュの消費は倍になるでしょうし当然不安定になることもあるかと思います。

エフェクトによってはグラフィックボードのメモリ消費も制限がかかってくるかもしれません。

 

作業用とレンダリング用

とか

作業用と確認用

といった、メイン+補助的な使い方が良いでしょうね。

 

されど魅力的なこの機能、しっかり活かすためにメモリを倍にしてみようか、どうしようか・・・

 

うまくいったので、調子に乗って他のAdobeソフトでも試してみましたが、この機能はAfter effectsだけのようですね。

Premiere Pro、Photoshop、illustratorなど試してみましたが、同時起動は出来ませんでした。

まぁPhotoshopやillustratorは同時期どうしても意味ないですからね~、せめてPremirereは同時起動できてほしかったような・・・

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

Roll it!

コロコロとなんでも転がすことができるAftereffects用のスクリプトRool it!

実際これを標準機能だけで再現しようとするとナカナカめんどくさい。

Add a comment

0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

色収差を表現するAftereffects用の無料プラグイン「Quick Chromatic Aberration」

私は滅多に使わないのですが、色収差の表現を好む方も結構いらっしゃいますね。

リアリティというよりは、味としてうっすら入れてあげるのが上品で好きです。

Windows版とMac版があります。

ダウンロードには、ユーザー名とメールアドレスが必要です。

Add a comment

0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

How to Make 2D image to 3D in 3 MINUTES !
 - After Effects & Volumax TUTORIAL

zdepthを活かした平面画像からの3Dシーンへのアプローチ方法は、それなりに前からある手法だが、こういったプラグイン形式のものがあるとは知らなかった。

手間がかかっていた部分をかなり省けるのなら、前提とした表現方法を考えてみるのもありかもしれません。

このムービーでは主に顔ですが、やはり顔はかなり丁寧に作業しないと気持ち悪いですね・・・

それ以外では、それなりに使えそうなツールと思いましたので覚書として。

photo animator tool:
VoluMax - 3D Photo Animator

 

Official Site:
https://videohive.net/item/volumax-3d-photo-animator/13646883?ref=Cream-Motion

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

FragNoiser from VFX arabia on Vimeo.

 

official site : https://www.vfxarabia.co/post/maxscript-fragnoiser-1-0

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

 official site : https://www.vfxarabia.co/mcg

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

以前http://www.authorityfx.comで販売されてい

ソフトクリップ、クランプ、レンズグロー、グロー、デチュアート、デフォーカス、Zデフォーカス、クロマキーを含むプラグイン「Authority FX Plugins」が無償で公開されています。

Aftereffects CC 2017で使用してみましたが私の環境では問題なく動作するようです。

official page : http://www.authorityfx.com/authority-fx-plugins/

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

選択したオブジェクトを移動させ、個々にキーフレームを打ってくれるスクリプト、試してないけどモーション系に利用できるかな?

official site:http://mourelask.weebly.com/building-scene.html

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

HitFilmから、90以上のプラグインをセットにした [IGNITE EXPRESS 2017] が、なんと無料で公開されました!

対応ソフトAfter Effects、Premiere Pro、Avid、Nukeなど10の主要なホストアプリケーションで動作するとのこと。

 

Introducing Ignite Express 2017 for free

official site:
https://hitfilm.com/ignite-express

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

[Utility Box 1.6]は、AfterefectsでUIインタフェース等を作成する際に重宝するであろう地味なツール。

クローンされたレイヤーをグリッド上に配置したり、レイヤーをグリッド分割したりと、何でAfterEffectsの標準機能で無いのさっ!

と思ってしまう痒いところを補ってくれるフリーのスクリプトだ。

 

インストールは下記フォルダへ

C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2017\Support Files\Scripts

Aftereffectsの起動後に [Run Script]で[Utility_Box_V1.6]を実行するとツールボックスが開きます。

 

official site:
https://www.voxyde.com/content/utility-box/

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ちょっとした味付けに使えそうなTrapcode Particular による煙のチュートリアル

Add a comment
0
0
0
s2smodern