星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

Aftereffectsはネット上で配布されているスクリプトや海外サイトで販売されているプラグインなど、日本語環境で使用するとエラーが出たり、動かなかったりするものがありますね。

YoutubeやWEBさいとをみて導入、いざインストールしてみたら動かないなんて事も多々あります。

それがお金を支払ったものならば、もう・・・気持ちは沈みます。

 

そんな時は、英語版としてAftereffectsを起動してみましょう。

使えなかったものが動く可能性がとても高くなります。

 

やり方(Windows環境)

1.AEが日本語環境になっているかを確認
 

 (メニューが日本語になっている)

 

 

2.AEを終了する。

 

3.内容を何も記載しない空白のテキストファイルを作成。

ファイル名を「ae_force_english.txt」にてドキュメントフォルダへ保存

C:\Users\ユーザー名\Documents

※Macの場合は書類フォルダーとのことです、Mac環境がないので試せてません。

 

4.AEを再起動
 

とこれで英語版として起動します。

 

英語版で起動した際に作成したレイヤーやヌルやカメラなどは全て英語のネーミングがされ、日本語環境に戻しても日本語にはなりません。

日本語環境に戻すには、作成したテキストファイルをフォルダから外し、AEを再起動すれば戻ります。

渡しの場合は、一時的にファイル名をae_force_english.txt → _ae_force_english.txtと変えています。

ファイル名が認識しなければOKです。

 

 

0
0
0
s2smodern