星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

マテリアルライブラリーを販売しているsigerstudioから公開されている無料のシェーダー機能

シャボン玉などの皮膜を表現するThinFilmを昔から愛用していましたが、アップデートしようとホームページを訪れたら、色々増えていたので覚書。

3ds MaxのVrayとCorona Rendererにて使用できます。

 


SIGERTEXMAPS SigerNoise
https://www.sigerstudio.eu/sigertexmaps-sigernoise/

Perlin、Simplex、Worley(Voronoi)などのよく知られたノイズパターンの実装が含まれています。

 


SIGERTEXMAPS SigerScratches
https://www.sigerstudio.eu/sigertexmaps-sigerscratches/

オブジェクトの表面にランダムなスクラッチを適用して、使い古されたラフな外観を提供します。
 

SIGERTEXMAPS ThinFilm
https://www.sigerstudio.eu/sigertexmaps-thinfilm/

表面での薄膜干渉の影響を再現します。

 


SIGERTEXMAPS ComplexFresnel
https://www.sigerstudio.eu/sigertexmaps-complexfresnel/

複雑な屈折率(IOR)を持つマテリアルをレンダリングするために使用できます。

 

sigerstudio:
https://www.sigerstudio.eu/

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3ds Maxに標準で搭載されている「リソースコレクター」

これは、シーン中のビットマップ画像を収集し、指定したフォルダにまとめてくれる便利な機能。

ただし、V-rayのシーンでは機能せず、全く使い物になりません。

 

V-Rayの環境でも使用できるリソースコレクターに代わるものはないかと探してみたところ

「MOTIVA COLLECTOR V1.1」なるものを見つけました。

機能としては標準のリソースコレクターと同じで、V-Ray Nextで問題なく機能しました。

 

ダウンロード:
https://www.motivacg.com/downloads/scripts-3dsmax/

 

ダウンロードされたファイル「MotivaCollector.zip」には複数のスクリプトが入っていますが、基本的に機能はおなじで、アプローチ違いで準備されているようです。親切ですね!

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 1 / 5

星を有効星を無効星を無効星を無効星を無効

3ds MaxからBlenderにファイル変換できるプラグイン [ MaxToBlender ]ですが、最近変換後に、こんなエラーが出るようになってしましました・・・

「セキュリティの観点から、このファイルのPythonスクリプトの自動実行を禁止しました」

現在の状況下では、「実行可能にする」「無視」いずれを選んでも特に不具合らしいものは出ていないのですが。

気持ち悪いです・・・

どなたかご存知では無いでしょうか?

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


Autohedge | Instant 3D Hedges for V Ray

 

ポリゴン形状に合わせ生け垣を作成するプラグイン

葉のバリエーションがライブラリー化されているので、簡単に植物の種類を変更できるのは嬉しい。

一点疑問が、外部とのやり取りの際にポリゴン化するしかないのだろうか? 

 

official site:https://happy-digital.com/autograss

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3ds Maxにて、ブーリアンやカットツールで出来てしまった余計な頂点を検知して削除するスクリプト

本家のサイトは消滅しているようですが、スクリプトのダウンロード先は生きているようです。

著者: shiva3d.net

Download:https://drive.google.com/file/d/1b4HKSRky6Ar8XuX5IrMsbE-pnOUeqIF6/view

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

 

3ds Maxに標準搭載されているクロスより10倍から100倍早いという「Dynamo plugin for 3ds Max」

インタラクティブに布を折ったり、ソフトボディのオブジェクトを積み重ねたり、使いみちは多そうですね。

価格は99 €でノードロックのみ。

 

official site:deformdynamics
https://deformdynamics.com/

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

このツールを使用すると、1つ以上のカッターオブジェクトを使用して、1つ以上の他のオブジェクトに切り込むことができます。

Maxのブール関数(ProBoolean)とは異なり、これは複数の独立したブロックまたはシールされた要素を作成可能です。

 

サイトでは、他にも多くの無料スクリプトが公開されています。

 

official site:wallworm
https://wallworm.com/store/index.php?route=common/home

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


PolyCloth Plugin | Cloth brushes for 3dsMax

 

最近話題の布ブラシツール3ds Max版!

今年2020年はBlender2.83 Alpha版に実装されている「Cloth Brush」やZbrushで布表現の「Cloth Magic Brush」が話題となりましたね。

正直BlenderやZbrushほど細かく設定できるとは思わないが、ちょっとしたニュアンスが出せるのは嬉しいことです!

 

official site: 
https://www.cgtrader.com/3d-models/scripts-plugins/modelling/polycloth

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ソフト間でのシーンの移動

なんでこんなに複雑なんでしょう。

その中でも3ds Maxは、方向を示すXYZの考え方が違うので、非常に厄介。

通常XYZといえば、

X:横

Y:縦

Z:奥

になるわけですが、3ds Maxは

X:横

Y:奥

Z:縦

となるのです。

もう、いい加減変更してほしい・・・

というわけで、

BMAX Connecto

3ds MaxとBlenderに追加すると、それぞれにアウトプットとインプット用のUIボタンができる。

単純にボタン一つで、モデルを行ったり来たりできるのは嬉しいが、親子関係を結ぶ際など複雑になりすぎると正しくコンバートできないかもしれない。

書き出し形式はFBXとなり、マテリアルなどのコンバートは行われない。

Download BMAX Connector:
https://gumroad.com/l/B2MAX

 

exportされたファイルは下記パスへ保存される

C:\Users\Username\AppData\Local\Temp\BMAX

MaxToBlender

Blenderから3ds Maxへのコンバートはできないが、

3ds MaxからBlenderならば3ds Maxのシーンごとコンバートできる印象。

基本的なシーンならほとんど問題無さそうな気がする。

マテリアルもVrayからEeveeとCyclesへの変換が可能。

2022年7月時点で、V-Ray5に対応しているかは不明。

Download MAXTOBLENDER:
http://www.3dtoall.com/products/maxtoblender/

 

他にも何かツールがあれば教えて下さい。

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


Cityscape Pro Features Reel 2020

 


Cityscape Pro Customer Reel 2020

 

 

Cityscape Pro for 3ds Maxが2020年6月24日にリリースされました。

そのままだと、硬い絵になってしまうので、あれこれ手を加える必要はあるけど、街などの広域のモデリングの際にとても使いやすそうなツールです。

料金は1ヶ月$39.99、1年$299.99

しかし最近のソフトはサブスクしか選べなくなってきましたね・・・

 

official site:
https://www.simpolium.com/

Evermotion紹介:
https://evermotion.org/articles/show/12075/cityscape-pro-for-3ds-max?smclient=56cfa10f-150f-4b22-bb05-53848da14300&utm_source=salesmanago&utm_medium=email&utm_campaign=default

 

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


How to quickly load PBR Materials in 3dsMax

 

様々なPBRテクスチャが配布され、簡単に質感を追求する事ができるようになりましたが、PBRテクスチャと言っても、複数の画像を特定のスロットにあてがうだけですので、非常に手間がかかり時間のロスとなります。

そんなPBRテクスチャを、ほぼ自動で割り振りマテリアルを作成してくれるスクリプトが販売されています。

V-RayやCoronaのマテリアル作成機能もありますので、とても便利そうです。

 

Material Texture Loader 1.3
ダウンロード:https://gumroad.com/l/XOPH

有料($20)ではありますが、この作業を手動で行うと考えるととても便利なツールです。

 

Add a comment
0
0
0
s2smodern