星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

V-Ray Material Libraryのインストール場所

C:\Users\ユーザー名\Documents\V-Ray Material Library

 

実際のアセットは下記フォルダーにTXテクスチャとして入っています。

C:\Users\ユーザー名\Documents\V-Ray Material Library\assets

 

.txファイル形式は、レンダリング用に最適化された8bitのtiffファイルです。画像はミップマップ化されています。つまり複数の解像度が1つのファイルに保存されています。V-Rayは、テクスチャがカメラからどれだけ離れているかに応じて、適切な解像度をメモリにロードします。例えば10000pixelを超える非常に巨大なテクスチャーでも、メモリ消費はわずかです。

マテリアルをそのまま使用しない場合でも、新しいV-Ray 5設定を利用するためのガイドラインとしてそれらを参考にする事ができます。

 

出典:2021.06.18
chaos V-Ray
V-Ray 5のアセットエディタとマテリアルプリセット
https://v-ray.jp/article/archives/528

このTIテクスチャは拡張子をtifにすることで8bitのRGB画像として開くことができますが、TXテスクチャならではの要素は消えてしまうものと思われます。この状態で保存するとファイル容量が60%ほどに減少。

 

 

 

0
0
0
s2smodern